飲食店新規開店までの流れ

飲食店オープンまでの流れ

安心してオープン日を迎えるために

飲食店の開店にあたっては、店舗物件の調査や契約から内外装、メニュー選定、スタッフ雇用など、やらなければならないことが多岐に渡ります。 調理器具の準備・ホール用品の準備などは、つい後回しになりがちなのですが、オープン直前になって「あれが足りなかった」と慌ててしまうことのないように、メニューがあらかた決定した時点で一度ご連絡いただくと安心です。 下記は飲食店開店までの大まかな流れをまとめたものです。ご参考ください。

飲食店新規開店までの流れ

 1.事業計画書づくり(コンセプトづくり)
まずはどんなお店にしたいのか、コンセプト(グランドデザイン)を明確にしていきましょう。希望の席数や、カウンター席の有無など、物件を選ぶにあたって必要な項目を特に重点的に検討していきます。

飲食店の事業計画
 2.店舗物件探し
コンセプトが明確になったら、希望のエリアでの物件探しをスタート。居抜きなのか、テナントなのか、それとも建設するのかで内外装工事にかかる費用は大きく異なります。
店舗物件探し
 3.資金準備
 物件探しと同時に、資金準備もはじめる必要があります。金融機関へは早めに相談しておくと、金融機関もしっかりチカラになってくれますよ!また、相談先の金融機関や信用保証協会などを通じて、飲食店経営や集客に関する専門家に無料相談ができる国(中小企業庁ミラサポ)の制度を申し込むこともできます。(金融機関によっては受け付けていない場合があります)分からないことは、気軽に相談してみましょう。

飲食店の開業計画
 4.内外装設計・工事着手
 物件が決まったら、内外装の準備も始めましょう。店舗名や店舗のロゴ、看板のイメージなども検討していきましょう。また、物件が決まる前に、希望の席数やイメージを伝えておくと、設計者さんからも物件探しに協力してもらえる場合もあります。

飲食店の物件探し この段階で、調理器具やホールで使用する備品などについても一度ご相談いただくと安心です。数多くの種類がある調理器具や備品選定はかなりの時間を要することがあります。早めに動いておくことで、慌てずに準備を進めることができます。
 5.メニュー決定・導入設備決定・雇用計画・広報計画・オーダーシステムの選定
内外装工事が進行している間に、提供するメニューを決定し、食材やドリンク類を納入してくれる業者を決めていきます。また、冷蔵庫・製氷機などの導入が必要な設備も選んでいきましょう。スタッフの雇用が必要な場合も、求人を出すなどの準備を進めていきます。

飲食店の新規開業

また、ホームページやチラシの制作など、オープン後の集客施策も検討せねばなりません。ホームページの立ち上げには3か月程度を要する場合もありますので、オープン後の集客も視野に入れて準備をすすめていきましょう。
6.調理道具・備品の決定・発注及び開店へ向けた準備
決定したメニューやスタッフの数・席数に応じて、調理道具やホールで使用する備品、食器・カトラリーを発注します。また、メニュー表の制作についても、デザイン事務所に依頼する場合は早めに依頼をし、料理写真の撮影など、打ち合わせを重ねる必要があります。

業務用調理器具

新聞へ広告を出す・雑誌へ取り上げてもらうなど、オープン後の集客に向けた準備もこの時進めていく必要があります。また、レセプションを催す場合は、招待者をリストアップし、招待状送付の準備をすすめましょう。
7.試作・ロールプレイ
オープンに向け、メニューの試作やスタッフ研修・ロールプレイを実施し、お客様を迎える準備を進めていきましょう。

飲食店開業に向けたトレーニング
8.開店&プレオープン
いよいよ開店です。ロールプレイやレセプションで気づいた足りない備品などがありましたら、開店日までに準備をし、一般のお客様を迎えても問題がないかチェックしていきましょう。

飲食店新規オープン
 

新規開店に必要な調理道具・備品を業態別にご提案いたします

 
居酒屋の調理道具 ラーメン店の調理道具
中華料理店の調理道具 和食・割烹の調理道具
寿司店の調理道具 焼き肉店の調理道具
焼き鳥店の調理道具 カフェの調理道具
イタリア料理・フランス料理店の調理道具